読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
タグクラウド
アクセスカウンタ

2018年01月11日

2018年01月04日

session時の戻るで有効期限切れ防止

ession_start()時に
キャッシュが無効になってしまう。

session_start();
header('Expires: -1');
header('Cache-Control:');
header('Pragma:');
// 。。。。。

  

Posted by vivi at 20:08Comments(0)phpメモ

2011年04月01日

入社

今日は4月1日。
当社も2名の新卒と中途入社の社員が入社しました。

地震の直後、採用や内定を見送る会社も
あるようですが、無事入社です。

さぁ、これからの業務は
売上減少は避けて通れない状態の中
大変大変厳しい状況の中の新人。

この二人がゆくゆく即戦力になり
会社を盛り上げてくれることを期待しちゃいます。

現社員ものんびりしていられません。
切磋琢磨、チームワークが重要。

また今期から都内に事務所を新設。
こちらもこちらも合わせて頑張らねばならない状況です。

こういうご時世だからこそ
あとには引けません。常に前進あるのみ!!!!  

Posted by vivi at 19:55Comments(0)雑談

2011年03月09日

facebook

facebook。
みなさんやってますか??

最近凝っています。facebookに。

私の場合、若干営業的な部分がありますが、
ほとんどが私的なこと。
感情・想いなど投稿しています。

でもこれがすごいなと感じます。
以前の職場の同僚・部下とのやりとり、留学経験のある方のネットワークに
参加させてもらったり…。

正直世界が広がります。

昔の同僚なんて滅多なことじゃ再会はしません。
それが再会し、成長した姿を垣間見ることができ刺激的です。
日本人で海外なんて旅行のみ。
外国人の友人もいませんが、そこにはそのサークルに参加できる。
公用語も英語。新鮮です。

そのなかで、英語を話せるようになりたい!とおもったり
仲間に刺激を受け頑張ろうと思える。

そんなfacebookはすごいなと。

感じたことはかんじたこと。
あとはそれらを実践できる人になったらさらに成長しますね。
そうなれるようにしたいと思いながら
今日は久しぶりにブログです。  

Posted by vivi at 20:14Comments(0)雑談

2010年12月09日

IE6の話

ITmediaにこんな記事が。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1. とても醜い
 IE6をもっと新しいブラウザと比べてみると、ほとんどの人はその醜さにショックを受けるだろう。インタフェースは極めて使いにくく、基本的なデザインはとうてい満足できるものではない。確かに、今ほどルックスが重要でない時代にデザインされたものではあるけれど、正直に言って、IE6は決して格好良くない。

2. パワーがない
 IE6は非常に処理能力が低い。実際、今広く使われているブラウザの中でもとりわけ遅い。Google Chromeなどの競合ブラウザと比べると見劣りする。Webページのレンダリングは並はずれて遅く、場合によってはページが適切にロードされない。簡単に言えば、IE6には今にふさわしいパワーも機能性もないということだ。

3. 大きなセキュリティホール
 IE6が大きな問題を抱えているのがセキュリティだ。ほかのバージョンのIEとは違って、IE6にはセキュリティ問題があふれていた。残念なことに、Microsoftの対処があまりに遅いこともあった。こうしたセキュリティ問題は、MozillaのFirefoxの人気上昇に大いに貢献した。忘れないように言っておくが、IE6は実質、大きなセキュリティホールだった。

4. 評判の問題
 Microsoftは評判を気にする。おそらくそれは、同社が最新ブラウザを売り込み、IE6ユーザーに移行を促す上で重要だからだろう。IE6 リリース前は、Microsoftのブラウザで本当にトラブルになった人はほとんどいなかった。皆、完ぺきではないけれど動くということを知っていた。 IE6の後では、多くのユーザーが同ブラウザのありのままの姿——失敗しそうな製品——を目にして、Microsoftの評判は落ち込んだ。

5. 互換性がない
 今IE6を使ってお気に入りのWebサイトにアクセスしようとすると、そのうち幾つかはうまく表示されない可能性がある。同ブラウザは新しい Web標準の多くに対応していないからだ。アクセスしているサイトが10年前にできたものなら問題ない。だが、数年以内にできたサイトなら、立ち去った方がいい。これは葬り去られるべきブラウザの明確な印だ。

6. Googleに捨てられた
 ことインターネットに関して言えば、Googleほど重要な企業はない。多くの点で、同社は法人とWebユーザーの先頭に立っている。だからGoogleがIE6をGoogleドキュメントとYouTubeでもうサポートしないと発表したとき、同社は明確なメッセージを送ったことになる。「IE6は死んだ」と。世界のほかの人たちがそれを認識するのはいつだろうか?

7. 世界の嫌われ者
 世界のほかの人たちと言えば、大多数の人がIE6に耐えられないようだ。それはもっともだ。先に述べたように、同ブラウザはあまりに多くのセキュリティ攻撃に利用されてきた。長期的に通用するブラウジング体験を提供することもできなかった。世界中の人に嫌われるのもいたしかたない。彼らがIE6を葬り去りたいと思うのも仕方ない。

8. Microsoftさえ忘れたがっている
 Microsoftはことあるごとに、ユーザーにIE6から新しいバージョンに乗り替えてもらいたいという意向を示唆している。もっともなことだ。IE6は長年、Microsoftにとって苦痛の種以外の何者でもなかった。生みの親がIE6を葬るために本文を尽くしているのだから、同社の名において葬式を出してももっともかもしれない。

9. ユーザーのIE離れの原因に
 IE6は、Firefox、Opera、Google Chromeなど競合ブラウザにとっては、災いのようでいて実際は恵みだった。IEを使って痛い目を見たことのある人は、IEの別のバージョンをインストールせずに、競合ブラウザをインストールする方を選んでいる。わたしたちにとってはそれで問題ないが、Microsoftにしてみれば、早いところ IE6を永眠させた方がいい。

10. IE6はもう時代遅れ
 先に挙げた問題から分かるように、IE6は時代遅れだ。まず、かなり古くなっている。次に、IE6を改善したIE7とIE8が出ている。そして最悪なことに、どのレベルでもライバルと張り合えない。IE6はその人生において、今は混乱をもたらすものでしかない。レガシーサービスとの互換性以外の価値はほとんどない。IE6がこれ以上のダメージをもたらす前に、永久の眠りにつかせる必要がある。さようなら、IE6。悪いけど、たぶん君がいなくなってもさみしいと思うことはないだろう。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

IE6を永眠させるべき10の理由だそうです(笑)。
同感です。  

Posted by vivi at 09:00Comments(0)雑談

2010年11月24日

flashか???

http://www.takumitaniguchi.com/


http://egao-saku.com/


上のサイトはパッと見flashか?とおもうけど、
よく見てみるとflashではない。

最近、iPadやスマートフォンiPhoneのせいか、
JavaScriptでflashっぽいものを表現するサイトが多くなってきましたね。

html5もちらほら見えたりみえなかったり…。
制作工程も随分変わってきました。

私的にサイトの賞味期限というか、鮮度は3年〜5年。
そうなんです。3年〜5年で作り方さえ変わってしまう。
そんな感じです。

web技術の進化は早すぎです…。  

Posted by vivi at 08:58Comments(0)JavaScript

2010年11月05日

アライド・ブレインズのアクセシビリティ調査

http://japan.internet.com/busnews/20101104/2.html
ここのコピペです。

////////////////////////////////////////
////////////////////////ここから
アライド・ブレインズは2010年11月4日、「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 図書館編第1回」を実施し、調査結果を発表した。

「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」は2006年より実施しており、より多くの公共機関 Web サイトが「誰にとっても使いやすい」ものとなるよう、自団体 Web サイトの現状を認識し、改善の取り組みの指針とすることを目的とした調査。

今回の調査は、独自ドメインを取得している公立図書館 Web サイトを対象に、 Web サイトの品質解析プログラム「CRONOS2」の一部の解析項目を用いて対象サイトの公開されている全ページを解析し、アクセシビリティ対応状況を評価した。

2010年8月20日に Web アクセシビリティ(高齢者や障害者を含めた誰もがウェブを利用できること)に関する JIS 規格が改正公示され、Web アクセシビリティに関して、自団体が目指す目標の設定と公表が求められるなど、特に自治体や中央省庁等の公共機関 Web サイトにおいて、アクセシビリティの確保が急務となっている。

今回の調査結果では、図書館 Web サイトの重要なサービスである蔵書検索や貸出予約などについて、アクセシビリティ対応の不十分な Web サイトが多く確認された。

見出しの画像に代替テキストが付与されていないといった例が散見され、そのようなページは視覚障害者が音声読み上げソフトで閲覧する際、内容を適切に理解できない恐れがある。

検索・予約システム等の Web システムも改正 JIS の対象範囲であり、公式 Web サイト同様の対応が求められる。改正 JIS への対応という意味でも、多くの公立図書館 Web サイトが問題を有していると言える。 


////////////////////////////////////////
////////////////////////ここまで

一般企業のページは結構改善されてきていますね。
制作する業者もそれなりの対応をしているのだとおもいます。

なぜ公立図書館は未対応なのでしょう…。
図書館に限らず官公庁レベルはまだまだと利用しながら感じておりますが…。

素人にはわからない裏側の部分ですね。こういった部分は。
そういう部分もしっかりとつくりこんでくれる、考えてくれる業者さんと
お付き合いしなければいけないですね〜。
  

Posted by vivi at 10:39Comments(0)WEB標準

2010年08月24日

この時間(続編)

昨日の記事の続編です。

結局、新人は途中で上司に時間オーバーの指示。
無念…。

今日の朝、ほんの数分で見事完成させました!
(すごい!)

昨日あれだけ苦しんでいたのに…。
家でやってきたのかな…???。

昨日は出来なかった。今日はできた!
それが経験になり実績になるんだろうな…。

苦しみも体験した。そしてできた時の喜びも体験した。

仕事のやりがいってそういうところになるんだろうな…。

諦めたら終わりだし。
その時点できっと苦しみの感情しかでてこない。
達成し喜びがあったからこそ苦しみもいい経験になる。
そんな気がします。

そういえば最近営業が一人やめちゃったみたい。
ふんばれなかったのかな…

苦しい感情しか今は残ってないんだろうな…。


上から目線でみている場合ではありません。
私も頑張ります(笑)。  

Posted by vivi at 13:51Comments(0)雑談

2010年08月23日

この時間(21:45)

記事入力時、21:45です。
現在うちの新人プログラマーさんがウナっております。
問題にぶち当たっている模様。

20代前半女性です。
私が同じ頃果たしてどうだったか…。
若いのにしっかりしています。

さて、この新人さん
最近は帰りが随分と遅くなっています。
もちろん、キャパ的にオーバーしてるのでしょう。
頑張っています。努力しています。
でもまだまだ実感として湧いてこないようです。

成果がでるのはいつの日か…。

でも、ここで言いたい!
ここで諦めるのは簡単です。

この苦しみを耐え、ひたむきに努力できるか。
そう、成果はある日突然やってくる。そう思っています。

頑張れ新人!
今は耐え時だ!

耐え、成果が身にしみて実感できたら
もう一人前!

なんでも一人でこなせるベテランプログラマーだ!

自分の好きなことを学びに行った学校。
そして自分の好きな技術をいかせる会社に就職した。

誰に言われるのでもなく、自分自身で決めたこと。
ならば自分自身の行動に責任と誇りをもって頑張って!!

陰ながら応援中…。

(っあ、自分もがんばろ…。)  

Posted by vivi at 21:54Comments(0)雑談

2010年08月09日

THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS…。

ふとレンタル屋さんでTHE BLUE HEARTSが人気ランキングの棚に。
懐かしーなー。と思いかりちゃいました。
ちょうど高校生くらいの時でしょうか…。絶頂だったのは。

見えない自由がほしくて〜。

若かりし自分。
洋楽ではパンクからModsと憧れファッションや精神を
まねたものでした。バンドなんかもしちゃったりして…。
若かった…。

今思えば、学生という身分。
なにかと窮屈だった記憶があります。
なにかこう、破っていきたいという
パワーというかエネルギーがありました。

若いっす。

今は随分落ち着き、見た目も肥えて(笑)。
当時の面影など跡形もありませんが、
そんなパワーとエネルギーを取り戻したかのように思えました。

当時の曲で当時の気持ちや情景がすこし思い返され
なんか新鮮でした。

さぁ、若い自分で
もっと日々を過ごさなきゃ〜!!

  

Posted by vivi at 19:40Comments(0)雑談

2010年07月21日

EC市場は拡大傾向!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
経済産業省が20日発表した電子商取引(EC)に関する市場調査によると、2009年のネットショッピングなどの国内EC市場は、前年比10%増の6兆7000億円で、現行統計では3年連続で拡大した。個人の商取引全体に占める割合は2.1%で、前年から0.3ポイント上昇した。

 経産省は「不況で外出が減り、価格比較サイトを利用するなどの節約志向が市場を広げた」と分析。“巣ごもり消費”が牽引した。

 市場規模を業種別でみると、09年にもっとも成長したのは医薬化粧品小売業で前年比30.8%増の2250億円。次いで食品小売業が28.7%増の3770億円、自動車・パーツ・家具・電機製品小売業が同22.1%増の9460億円。14業種すべてで電子商取引の割合が高まった。

 外国のサイトの利用率を日本、米国、中国、韓国の4カ国で比較すると、日本は17.8%と最低。もっとも多かったのは中国の48.1%だった。

 一方で電子商取引の利用による過去一年間のトラブルの遭遇率は、日本が31.7%でもっとも低かった。もっとも高かったのは韓国の78.8%だった。商品状態の不良、配送遅れなどが目立った。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

上記はyahooのニュースの記事に載っていたものです。
ECサイトの市場が拡大しているということは、サイト作成の需要もあるということでしょうか…。

EC-CUBEは結構手軽で便利です。

http://www.ec-cube.net/

  

Posted by vivi at 15:32Comments(0)雑談

2010年06月23日

webの歴史

ちょっと雑学です。

■日本初のwebサイト
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/index.html
■世界初のwebサイト
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/cernwww/www1.html

インターネットが始まったのは1991年。
まだ20年位の歴史です。

ウィキペディアにも載っていますが、日本初のwebサイトは1992年9月30日に
初めて稼働したらしいです。しかもつくば市なんですよね!

20年前に今の技術があるなんて想像もつかなかったのかな…。

革新的なハードやサービスがどんどん生まれる今日。
専門業界の企業も生き残りが大変…。

歴史は繰り返す。なんて言葉があるように
行き詰まった時、webの歴史を思い返してみたら
もしかして画期的な何かが創造できるかもしれませんね!
  

Posted by vivi at 20:09Comments(0)雑談

2010年06月23日

iPadについての統計

日経ウーマンオンラインの調査結果の記事です。

iPadについてのアンケートのようですが、
iPadを「買いたい理由」としては「ウェブサイトやメールを使いたい」(62.1%)がトップ。以下、「映像や写真を楽しみたい」(55.2%)、「電子書籍を読みたいから」「パソコン代わりに使いたい」(いずれも53.4%)
だそうです。

電子書籍の話題が結構ありますが、やはり主の用途はweb閲覧のようですね。
どんな市場が生まれてどんなサービスがでるのか…。
またまた、一過性のものになってしまうのか…。

  

Posted by vivi at 10:52Comments(0)雑談

2010年06月22日

ついつい読んじゃうサイト「R25」





これ。R25です。
有名??なのでご存知かもしれませんが。

記事だけのサイトなんですが、ついつい読んじゃいます。
結構おもしろい。  

Posted by vivi at 23:26Comments(0)サイト

2010年06月09日

次世代検索エンジン「Caffeine」

Googleが次世代検索エンジン「Caffeine」を全世界で導入したそうです。
たしかに今まではWebページが検索インデックスに反映されるまでに数週間かかったような気がします。Caffeineでは検索インデックスを絶えずアップデートしるようなので既存のページの新しい情報を発見したときにそのままインデックスに追加できるという感じで、聞いているとここまで来たかという感じです。

webをよく作ってアップしたはいいが、検索に反映されない…。とよくいわれるので助かります(笑)。さて、数週間から数日になるのか、それとも数時間になるのか…。
しばらく様子を見て結果がたのしみです!  

Posted by vivi at 18:17Comments(0)雑談

2010年05月31日

iPad!





近くの電気やさんでちょっと触ってみました!
想像以上にさくさく動きますね〜。

初期のiPhoneのときは動きがおもかったので
動作は少しきになりました。

キーボードも悪くありませんし、これなら
メール、ネットは十分に快適に活用できそうです!!

アプリが充実すればさらに活用頻度が高まりますね!
自作アプリをつくりたいです!!!

まだ買っていませんが…。  

Posted by vivi at 10:42Comments(0)雑談

2010年03月11日

サーバーのデータセンター

つぶやきです。

最近思うこと。
地元にデータセンターがあればなとつくづく感じます。
データセンターってなにか?って??
すみません。
レンタルサーバーなどで通常webを公開しますが、
そのレンタルサーバーをたくさん置いてある場所のことです。



←←←こんな感じです。
※写真はgoogleの画像検索で拾ったやつですので関係はありません。イメージです。

回線や災害時の対策、電気の補助電源、不審者を管理するなどセキュリティ面でも設備面でも整った建物のことです。




そんなデータセンターつくばや土浦にはないのでしょうかねー。
だれかいっしょにつくりませんか??
  

Posted by vivi at 17:26Comments(2)雑談

2010年03月10日

webの制作費って…

しみじみ記事が続きます…(笑)。

「値決めこそ経営である」

これは最近JALの経営(トップ)の稲盛さんのお言葉です。
ものの価値ってわからないですよね。

例えばデザイン。
1万円で高いという人もいれば10万でそこそこだね。
という人もいます。

洋服だったり食品だったり、すべてのモノに
当てはまるんじゃないかな〜と思います。

会社の経営…。という観点で考えてみると、
モノの売値ー原価=利益ですが、どうもそれだけではありません。

売る会社の将来性で長く付き合えるかどうか。その過程でさらなる仕事受注で
利益をもたらす。ということも考えられます。

将来的な目利き、現状での最大限の顧客満足…。等々…。
今の小さな利益をとるか、将来的な大きな利益に懸けるか…。

そんな思考も必要かなって。
買う側からすれば「安くていいもの」が一番ベストですけどね。
でもでも適正価格というものもありますし…。
う〜ん難しい…。
頭の体操をしたかっただけです(笑)。
そしてタイトルからもずれてしまった…。  

Posted by vivi at 18:48Comments(0)雑談

2010年03月09日

ぼちぼち見かけます

新鮮サイト



なんか最近見かけます。こういうサイト。
雑誌的なサイトやネットショップなんかで。

ちょっと今までのwebのレイアウトとは違い新鮮ですね。
でも使い勝手というか、見慣れるかな…。

私は結構新しいもの好きなので「好き」な部類ですが。
今度、こんなん作って見せてみようかな…??  

Posted by vivi at 04:23Comments(0)サイト

2010年03月08日

新卒採用

うちの会社に新卒が研修にきました。
新卒って生き物は…。という感じです。

平成20年で20歳。
俗に言う「ゆとり世代」というやつです。

私はほぼ一回り違うのでその世代がどういものか
分かりませんが、これがゆとり世代なんだな…と。

いい方向に向いてくれればいいんですが…。

ジェネレーションギャップはいつでもあることですし
活かすもころすも教育次第。

せっかくうちでやることを決め、4月から入社が内定しています。
お互いが後悔しないよう、お互いが頑張る時期ですね…。  

Posted by vivi at 18:45Comments(0)雑談